透明感のある歯に仕上げて清潔感をアピールさせよう

歯の白さが大事

歯科の設備と椅子

アメリカを中心として欧米では、歯の手入れが幼い頃から大人になって以降も継続して行われます。特に気にされるのが歯並び及び歯の白さです。この影響を受けて、最近では日本でも歯科でホワイトニングを行う人が増えています。 歯科で行うホワイトニングには、大きく分けて二つの方法があります。一つはまさに、歯科へ行って行う方法です。歯医者の監督のもとで行われますので、強い薬剤が使用できて、一度の来院である程度の白さになることが期待できます。 もう一つの方法は、ホームホワイトニングです。これは、歯科へ行った際に施術を受けるだけではなく、薬剤やマウスピースを自宅へ持ち帰って自分でも行うものです。この方法は、どちらかというと歯科でのホワイトニングした状態を、なるべく長持ちさせるという意味合いが強いと言えます。

歯科でホワイトニングを行った後も、歯の白さが永久に持続するわけではありません。本来の歯の色に戻ったり、食生活での着色があるからです。ホワイトニングの効果を少しでも長持ちさせるためには、いくつか普段の生活で工夫が必要です。 基本的に色の濃い食品、例えば赤ワインやコーヒー・紅茶、もちろんタバコも歯の着色の原因となります。これらの食品はなるべく避け、もし摂取した場合には歯磨きをするようにします。外出先などですぐに歯磨きが出来ない場合には、うがいだけでもするようにします。 また、普段からホワイトニング用の歯磨き粉を使用することも大事です。歯科ではホワイトニングを行った人用に、歯科専売の歯磨き粉も販売されています。