透明感のある歯に仕上げて清潔感をアピールさせよう

印象を大きく変える

子どもと治療中の歯科医

歯の色が黄ばんでいたり汚れていたりするとマイナスのイメージを与えますが、白く美しい歯は清潔感を与えプラスのイメージを与えます。 そして白く美しい歯は見た目の年齢が5歳若く見えるという調査結果もあり、歯は見た目の印象にとても影響していることが分かります。 しかしコーヒーや紅茶、赤ワインなどの飲み物やカレーライスやミートソース、チョコレートなどの食べ物、タバコのヤニなど普段何気なく口にしているものから歯に色素が着色してしまいます。 歯を白くする方法は、飲み物や食べ物、タバコを口にしたら歯磨きを行うことが最も有効な対策ですが、学校や職場、出先などでしょっちゅう歯磨きすることは難しいので、毎食後の1日3回で出来る歯を白くする方法について説明します。

ドラッグストアやスーパーなどには数多くの歯磨き粉が販売されていますが、歯を白くするためにはホワイトニング効果のある歯磨きを使用します。ここで気をつけなければならないのは、研磨剤入りの歯磨き粉は一時的な効果はありますが、歯を傷つけてしまい着色しやすくなるので避けることです。 その他にも重曹を使用して歯を磨くことも効果があります。 普段の食生活でも歯を白くする方法があります。パパイヤやパイナップル、キウイ、バナナ、りんごなどのフルーツやセロリや人参、キャベツ、レタスなどの野菜を食べることです。これらには酵素が含まれており、酵素が歯の表面の着色を分解して汚れを落としてくれます。 そして喫煙習慣のある人は喫煙を止めることが1番の歯を白くする方法です。